Dream Japan



"Senbatsu 2015"

ミラクルで初優勝! - 第87回選抜高校野球大会


(2015/4/12)

Dream Japan


◆"Senbatsu 2015":

春の選抜高校野球が阪神甲子園球場で3月21日に開催された。

初日の第2試合は、地元から近い大阪代表の大阪桐蔭が登場し、東京福生市の東海大菅生との試合で満員の球場となった。

試合は大阪桐蔭の勝利。プロ注目だった勝俣が打ち込まれ、田中は完封。

kslidekshien

第三試合は茨城の常総学院と鳥取の米子北。

常総学院は、甲子園常連ですが、米子北は初出場。「北」の「K」が決まってましたが、常総が13盗塁で圧倒。

ksuisokscoreb

常総学院は、吹奏楽部も名門で、チーム紹介時も取り上げられていましたが、応援する人たちと、スタンドを盛り上げて、チームにも勢いを与えていました。

その後も大阪桐蔭は八戸光星、常総と破り、夏春連覇も騒がれはじめていたが、ここでミラクルが起きた。

敦賀気比(福井)が、6番で、投手から野手に転向したばかりの松本 哲幣くんの2本の満塁弾で、11-0と圧倒し、大阪桐蔭を撃破!

初戦の奈良大付(奈良)こそ、3-0勝利したものの、仙台育英(宮城)に2-1、静岡(静岡)に4-3と苦戦してきた敦賀気比がミラクル・ブレークした!

決勝は、浦和学院(埼玉)、健大高崎(群馬)、松山東(愛媛)、豊橋工(愛知)を破った東海大四(北海道)。

敦賀気比の平沼 翔太 投手と、東海大四の大沢志意也投手の1-1の投げあいの中、8回裏にまたもや、松本 哲幣くんがミラクル2ランホーマー。

そのまま敦賀気比が3-1で勝利し、春夏を通じて、北信越勢で初の優勝旗を手にした!

福井出身の生徒ばかりかとおもいきや、野球強化を掲げる当校の中心選手はほぼ県外からという地方の構図どおり。しかし、エースの平沼くんは、巨人、阪神のエースだった小林繁さん(鳥取出身)に小学校から目をかけられ、中学では、オールスター福井の監督と投手として指導を仰いだ最後の教え子だったらしい。左打席での打撃力もあるため、志願すれば、ドラフトの中に入る可能性はある選手。

一方の松本哲くんは、京都出身で、投手から野手に転向したばかり。阪神がリストアップしたとかいううわさもあるが、今後も大化けがあるか、あるいはプロ志願できる力がつくか、微妙だが、ぜひとも大成してもらいたいものだ!

福井出身でもっとも有名な選手は、川藤幸三阪神OB会会長だが、川藤さん、そして引退後、晩年に少年野球指導で過ごした小林繁さんも、天国で喜んでいることであろう。


・プロ野球ドラフト会議 2014

・プロ野球ドラフト会議 2013

・侍ジャパン始動



本件に関するお問い合わせは、インターアーツ mail@interarts.info まで