Dream Japan


"Yuru Ken" - "ゆるけん" (ゆるいこと研究所)

Vol.35:"ノートルダムとエスメラルダ!"

(2019/04/21)

『Notre-Dame et Esmeralda!』


 

☆「ノートルダムとエスメラルダ」


2019年4月15日、フランス、パリのノートルダム大聖堂は大火災に見舞われました。"世界遺産"であり、多くの寄付が集まりましたが、火災の同日、フランス西部の動物園でキリンの赤ちゃんが生まれていました。今回はノートルダムとキリンにまつわるエピソードです!

ノートルダム大聖堂は、パリのシテ島にあるゴシック建築を代表する建物であり、ローマ・カトリック教会の大聖堂で、”貴婦人”とも言われています。1163年着工、1225年に現在の型になり、最終的には1345年に竣工されました。

築約850年、1804年12月2日には絵画でも有名な、ナポレオン一世の戴冠式も行われ、1831年にはビクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ(ノートルダムの鐘)」が発表されましたが、飼育員は誕生にちなんで小説のヒロイン、エスメラルダの名前をキリンの赤ちゃんに名付けました。


種別:キリン

性格・性質:生まれたばかりでまだわかりませんが、パリの、フランスの、世界の平和のシンボルとなる穏やかな性格であることを願います!

ゆるPoint:必死に立ち上がり、生まれてきた姿が、これから立ち上がろうというノートルダムの関係者と重なるでしょう!


 

ゆる研ポイントは、星、3つです!(原則、1~3で評価)

☆☆☆

あなたなら、星はいくつ?



 

☆締めのゆる言(げん):「エスメラルダはエメラルド。エメラルドのような輝ける記憶をこれからノートルダムと、パリと、世界と共に重ねましょう!」


 

P.S.

4月21日、フランスリーグ1では、パリ・サン=ジェルマンがエムバペのハットトリックで、ASモナコに3−1で勝利し、通算8度目のリーグ制覇を成し遂げました!

悲しいニュースに包まれた中で、明るい話題がパリにも灯りました。


By ゆるResearcher:Mark

Link

Cathedrale Notre Dame de Paris


キリンの赤ちゃん誕生のNews


聖歌を歌うパリ市民@BBC


ナポレオンの戴冠式@Louvre


ノートルダム大聖堂チャリティユニフォーム、30分で売り切れに


we are the world by MJ


 

本件に関するお問い合わせは、インターアーツ mail@interarts.info まで